黒岩祐治(神奈川県)の経歴やプロフィール!公約や政策について

 

 

 

2019年度の神奈川県、神奈川県知事選挙への立候補者の黒岩祐治氏、所属は無所属です。    

 

 

黒岩祐治氏は現職の神奈川県知事で2011年4月から2期目を迎えています。

 

 

プロフィール、経歴、その他詳細情報などをお伝えしたいと思います。      

 

 

議員情報としてはフジテレビの『FNNスーパータイム』キャスターを務めた経緯から報道記者の側面を持ち、政治経済などの世界にも元々精通していた。

 

 

3期目の当選目指して活動をしている黒岩裕二氏。     投票率や当選予想、NHKの出口調査なども交えてお届けします。ご参考ください。

 

 

黒岩祐治(神奈川県:知事選挙)のプロフィール

 

 

   
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/黒岩祐治    

 

 

 

 

 

生年月日: 1954年9月26日(64歳:2019年現在)

 

 

出生地: 日本・兵庫県神戸市

 

 

出身校: 早稲田大学政治経済学部

 

 

前職 : 国際医療福祉大学大学院教授

 

 

所属政党: 無所属

 

 

公選: 第17-18代 神奈川県知事     当選回数: 2回

 

 

在任期間: 2011年4月23日 – 現職

 

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/黒岩祐治

 

 

 

 

黒岩祐治(神奈川県:知事選挙)の所属その他

 

 

  黒岩祐治氏の現在の所属、活動グループその他は以下となっています。  

 

 

  • 国民会議運営委員

  • 北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会の会長

 

 

黒岩祐治(神奈川県:知事選挙)の経歴

 

 

1954年 兵庫県神戸市出身。

 

 

1980年 早稲田大学政治経済学部 卒業。

 

 

1980年 フジテレビジョンに入社。

 

 

1988年 『FNNスーパータイム』のキャスターに。報道記者やディレクター時代の経験を生かして自ら特集の企画・取材・編集を手がける。

 

 

1989年1月から2年間にわたり、救急医療キャンペーン「救急医療にメス」が放送、この企画が救急救命士の誕生に結びつく。

 

 

2011年4月から神奈川県知事を務める。

 

 

1980年4月から2009年9月までフジテレビジョンで報道記者、番組ディレクター、キャスターなどを務める

 

 

1980年10月から2011年3月まで国際医療福祉大学大学院教授、早稲田大学大学院公共経営研究科講師(非常勤)なども務めました。

 

 

新しい日本をつくる国民会議運営委員などでも活動し、  2018年7月から北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会の会長に就任。

 

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/黒岩祐治 

 

 

黒岩祐治(神奈川県:知事選挙)の政策や公約

 

 

黒岩裕二氏、3期目を目指して、より幅広い政策を掲げています。

 

  • 神奈川県は隣接する東京都からの高齢者や若い家族の流入が増加している為、それ故の県民の健康増進施策を図っています。

  • 具体的には糖尿病や認知症予防プログラムの促進、健康団地など地域包括の健康増進策の推進。

  • 津久井まゆり園の悲劇を乗り越えて福祉の誇れる県を目指しています。

  • 具体的には「ともに生きる神奈川憲章」の認知向上を図り、障害者法定雇用率法定2.3%の実現を目指しています。

  • こども政策としては東京都に次いで待機児童が多く、保育園の拡充による待機児童の解消策を図っている。

  • 産業活性化政策として、みなと未来地区など県内3つの経済特区の発展、かながわスマートエネルギーのモデル地区の拡充。

  • インバウンド促進として2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピックの円滑な実施を通じて2022年、海外訪日宿泊者数230万人を達成します。

  • 安心安全政策としてSNSなどを活用した、いじめ虐待の早期発見を図ります。

  • 防犯カメラ、ドライブレコーダーの拡充による防犯体制の充実を図ります。

  • 最後に未来創造政策としてSDGS最進自治体として全国をリードします。

  • かながわプラゴミゼロ宣言の推進、スマートモビリティ、ドローン社会の促進をします。

 

 

 

 

黒岩祐治(神奈川県:知事選挙)の事務所、および後援会連絡先

 

 

黒岩祐治事務所(4月8日まで)

〒231-0016  神奈川県横浜市中区真砂町4-43  木下商事ビル3階

黒岩祐治を支援する会 TEL: 045-227-5119

 

 

 

黒岩祐治(神奈川県:知事選挙)の評判・感想

 

 

黒岩知事は民間ニュースキャスター出身ということもあり、プレゼンテーション能力も高く、問題対応力と発信能力も高いです。  

 

 

津久井やまゆり園での身障者の虐待殺害事件後の対応も早かったですし、健康福祉面でも2015年に県立がんセンターに重粒子治療センターを設立しました。    

 

 

又、国に先んじて地域限定保育士試験を行い、保育士不足の対策に、いち早く対応しました。    

 

教育政策も国より早く私立高校授業料の実質無料化を図っています。    

 

 

(60代、その他)    

 

 

 

人口密度も高く、多様な面を持つ広い神奈川県で、しっかりと仕事をしてくれていると感じています。

 

地方政治は細かい問題が多い印象ですが、しっかりと優先順位をつけて達成していっていると思います。

 

地方テレビやネットでの露出も多く、県民に寄り添っている知事だと思います。

 

個人的にはかなり好感の持てるかたです。

 

(20代、主婦)

 

error: Content is protected !!